2011年04月02日

Stream 変形紙ジャケでリリース

ファンの皆様、たいへんお待たせしました。
本日よりStream 発送開始いたしました。

中身の音楽は言わずもがなですが、パッケージも歴史的アルバムに相応しいものになるよう、かなり凝った作りにしました。

基本は変形6面紙ジャケットですが、
DSC02171 (640x480).jpg


内ジャケに12面ブックレットを貼付。
DSC02174 (640x480).jpg


内ジャケ中央面センターに黒い円柱の硬化スポンジによって、CD盤が固定されるようになっています。
DSC02173 (640x480).jpg
posted by Crescent Label Master at 18:12| お知らせ

東日本大震災に際して

東日本大震災に被災された皆様に、お見舞い申し上げます。
また、災害のため大切な方々を失った皆様に、心よりお悔やみ申しあげます。
posted by Crescent Label Master at 17:58| お知らせ

2011年03月01日

ユーロ・ロック・プレスの“Stream”レビュー

Euro Rock Press(ユーロ・ロック・プレス)の「特選盤」トップに、“Stream”のレビューが載りましたのでご紹介します。

「Pianoworks I」に続く新作は、カンタベリー&プログレ・ファンなら狂喜乱舞のゲストを迎えた怒涛のプログレ歌ものアルバムに仕上がった。1曲目からヴォーカルがロバート・ワイアット、ギター・ソロがアンディー・ラテイマー。これでもう基本的に全員買いだと思うが、2曲目”The Man Is The Child”(タイトルで分かる人には分かる)を歌っているのがアニー・ハズラム。スチュワート&ガスキンとの共演はあるは、ジミー・ヘイスティングスが全面参加してあのフルートを吹きまくるわと、とにかく感動の連続。キーボードはピアノが中心だが、あのオルガン・ワークを堪能できるナンバーも。(宮坂聖一)
posted by Crescent Label Master at 05:36| 日記