2010年11月14日

Surprising Letter from Robert Wyatt


When I wrote an interesting episode of Dave Sinclair on my Japanese Blog, my memory was a bit confused. Then Dave helped me, sending e-mail about the detail of the episode.

This time I decide to set it up on this Blog, of course having Dave's permission...


Crescent Label Master




Faro

I met up with John Murphy only a week after I left Caravan in August 1971.
He had phoned me, and I suggested that we met in the Seven Stars pub in the middle of Canterbury. Our meeting was spectacular, and we got on right from the start. I especially liked his sense of humour, it was outrageous !

J Murphy (240x320).jpg

John Murphy © AADBEG Ltd.
We got on so well socially and musically that we spent a whole month playing and writing music together.

DSC00839.JPG

Dave Sinclair & John Murphy © AADBEG Ltd.
But one day suddenly, John said that he was going to Portugal for his honeymoon the next week !
It was a bit of a shock to say the least, but he gave me his address so that I could keep in touch. He was staying at his sisters house in Faro in the south of Portugal, and had travelled by ferry via Lisbon.

Well, stupidly, at the time, writing wasn't enough for me, as I was missing our musical collaboration so much.

So, I decided to look him up. I packed a rucksack and hitch-hiked for 8 days, travelling through France and Spain, until I eventually found his sisters house in the town of Faro. Without having had access to a shower, and with very little food or sleep, I must have looked a mess !
I knocked on the door, and was confronted by a very very shocked John Murphy staring at me ! I wish to this day that I had a photo of the expression on
his face !!

But of course, later it dawned on me, hey, this is John's honeymoon ! ... should I actually be here ???

Anyway, before I left the UK, I had left John's sisters address with my friend in Canterbury.

After staying at the house in Faro for a few days, I was handed a letter from England, and being utterly surprised to get a letter, I opened it in a hurry.
It was from Robert Wyatt !! It just said the words " Come Back, Your Country Needs You" !!

What happened after that was another very interesting story !!
.......................................( as I lost all my money...all 6 pounds of it ! )


Dave Sinclair
posted by Crescent Label Master at 14:53| English Version

English Version

Dave Sinclair is now very interested in my Blog. And he wishes to set up the English version... so I will try to realise it step by step...

デイヴ・シンクレアが、このブログの記事を非常におもしろがってくれています。で、英語版のが欲しいとのことですので、なんとかご期待に添えるように、ぼちぼち頑張っていくつもりです。
posted by Crescent Label Master at 14:44| English Version

Matching Mole ~ Stream

 キャラヴァンでは順調なベンド活動を送っていましたが、代表作である3rdアルバム、「グレイとピンクの地」の完成後、デイブはバンド結成時の目的を達したと感じたのと同時に、音楽生活全体がやや停滞していると感じ、バンドメンバー以外の人々からの異なったインスピレーションが必要であると考えて、1971年8月、キャラヴァンを脱退しました。

 バンドを脱退して1週間後、ある男がデイブに電話をしてきました。デイブの脱退をメディアで知って電話をしてきたのだそうです。その男の口調は実に軽いノリで、ともすればシリアスな雰囲気だったキャラヴァンのメンバーとは、対極をなす雰囲気を醸し出していたそうです。
 「ハイ、デイヴ!僕はジョン・マーフィーといいます。ギターやベース弾いたり歌ったりするので一緒にやらない?」 これがその後数年間ソングライティングをするときの相棒、ジョン・マーフィーとの最初の接触でした。

DSC00875 (240x320).jpg

DSとJMが初めて顔を合わせたパブの前で © AADBEG Ltd.


 その日の夜、カンタベリーのパブ(Seven Stars Pub)で待ち合わせをした二人ですが、ジョンはギターを持ってきており、人目もはばからず店内で演奏を始めました。機関銃のように早い口調、止めどもないジョークとジェスチャー。その陽気な人柄にデイヴは大いに救われたといいます。

J Murphy (240x320).jpg

John Murphy © AADBEG Ltd.

 二人は今でも本当に仲が良く、後日デイヴとジョン宅に伺った際にも、まるで犬がジャレ合うようにしていたことが印象的でした。デイヴは、自分とジョンのことを漫才師のようだ、とも言っておりました。Boke & Tsukkomi なんだそうです。

DSC00839.JPG

Dave Sinclair & John Murphy © AADBEG Ltd.


 デイヴの曲にジョンが歌詞をつける共同作業が進む中、ジョンが結婚し新婚旅行に出かけることになりました。彼の姉が住んでいる南ポルトガルのファロ(Faro)という街にしばらく滞在すると聞いていたデイヴは、曲につけられた歌詞の一部を変更したかったので、急いでジョンと会わねばなるまい、と考えたのでした。
 なんとデイヴはリュックサックに荷物を詰め、ジョンの書き残した不十分な住所を頼りに、ヒッチハイクでファロに向かったのでした。ほとんど睡眠もとれない状態で、フランス、スペインを横切り、8日後にファロにたどり着きました。何とか街中で彼の姉宅を見つけ、デイヴがドアをノックしたのです。
 ドアを開けたのはジョン・マーフィーでした。8日間ほぼ飲まず食わずで、シャワーも浴びられなかったデイヴの姿を見た彼の非常に驚いた(引きつった)顔を見て、デイヴは考え直したそうです。「ダメだダメだ、これはジョンのハネムーンなのだから、ここに来てはいけないのだ。」と。

 しかし、ヘトヘトの状態ですぐに帰れるはずもなく、2〜3日そこに滞在させてもらっていたところ、不思議なことにイギリスからデイヴに手紙が届いたではないですか。そこにはこんな文句が書いてあったそうです。


Come back !
Your country needs you.

From  Robert Wyatt


 こうしてデイブはジョンとのユニットとは別にロバート・ワイアットの新グループ、マッチング・モール(Matching Mole)に参加することになったのです。(デイヴがマッチング・モール参加のためにキャラヴァンを脱退した、という記事をよく目にしますが、それは事実と反しています。)

 のちにデイヴとロバートがこの件について話をしていましたが、一体どうやってロバートがポルトガルでのデイヴの宿泊先を知ることが出来たのか?二人の中で話題になっていました。どうやらデイヴが発つ前にファロのアドレスをカンタベリーの友人に教えておいたのを、ロバートが手繰って入手した、という事だったそうです。

 ところで、マッチング・モール1stアルバムA面1曲目、「オー キャロライン(O Caroline)」はカンタベリー音楽の中でも、最もファンに愛され続けてきた、シーンを代表する名曲の一つです。もちろん作曲はデイヴ・シンクレア、ヴォーカルがロバート・ワイアット。

 あれから約39年、「オー キャロライン(O Caroline)」以来となる、デイヴ・シンクレアの作曲でロバート・ワイアットが歌う新曲を、やっと皆様に届けることができることとなりました。製作者としては、感無量といったところです。

 Crescent Label第2弾、『Stream』のリリースまで、今しばらくお待ち下さい。
posted by Crescent Label Master at 04:31| コラム