2010年11月24日

デイヴ・シンクレア:音楽家としての血統

デイヴ・シンクレアは、60歳を過ぎても(今日で63歳!)、フレッシュな作品を作り続けています。その創作の様子は、まるで泉から水が湧き出すかのごとく、自然で豊かです。同世代のカンタベリー系の音楽家たちと比べると、これは驚異的と言ってもよいでしょう。
古くはCARAVAN時代の“For Richard”(2nd album: If I Could Do It All Over Again 1970に収録)から、今日のStreamに至るまでのデイヴの演奏・作曲能力の高さは折り紙つきですが、このコラムでは、そんなデイヴの天賦の能力はどこから来たものなのか?少し掘り下げてみることにします。

まず、デイヴの父系から見てみましょう。デイヴの祖父は、カンタベリー在住で、多才な芸人やコメディアンであるだけでなく、凄腕の写真家でもありました。カンタベリーのほぼ中心、ノースゲートで写真館をやっていましましたし、その他にカンタベリー郊外のウインチープというところで、“King's Head”というパブを運営していました。

IMG (320x232).jpgpaper.e.1 (255x320).jpg
















パブ King's Head ・・・昔と今

父方の祖母は、旧姓Greenmanといい、天才的なミュージシャンでコントラアルトの歌い手でした。このご両人は、ハーン・ベイで催されたミュージカルの出演で知り合って結婚に至ったということです。デイヴのお父さんが長期にわたって大切に保管していた、1904年!当時のポスターに、ご両人の名前を見ることができます。

1 (217x320).jpg


この父方祖母が、特殊な音楽能力の持ち主だったようです。いろいろな音楽イヴェント(例えばクラッシックの交響曲なども)に行って帰宅すると、そこで演奏された音楽をすべて記憶していて、ピアノでコードやメロディーを完璧に再現してみせたということなのです。

IMG_0001 (213x320).jpg

デイヴの父方祖母。デイブの愛娘フェリシアは、この御祖母に激似です!

この特殊な音楽能力が、デイヴのお父さんを経由して、完璧にデイヴに引き継がれているというわけなのです。
デイヴの父の弟は、Richard(Dick) Sinclairといい、直接この音楽遺伝子を継承していて、生まれながらにしてエンターテナーでミュージシャンだった一方で、天才的な工芸家で主に木工の仕事をしていました。その息子であるリチャード(元CARAVAN、デイヴの従兄弟)もこのGreenmanさんの遺伝子を引き継いでいることは言うまでもありません。

さて次に、デイヴの母系の方を見てみましょう。(蛇足ですが、デイヴのご実家におじゃました際、ご母堂はつたない英語で会話する異邦人には特に驚かれなかったのですが、デイヴのことが記事になっている古いローカル新聞を私が読み出したときは、心底驚いておられました。そのことに私のほうがビックリしたというわけです。
私は多くの日本人がそうであるのと同じく、英会話より英語の読み書きのほうがストレスが少ないのですが、生粋のイギリス人からすると、日本人が英語の新聞を読んでいるのが不思議な光景だったようです。)

DSC00874 (320x240).jpg

デイヴと御母堂

この、デイヴのご母堂の旧姓はBlow。そう、デイヴの母系の上流には、17世紀のバロックの大作曲家兼オルガン奏者、John Blowがいるのです。(John Blowは1708年にウェストミンスター大修道院に埋葬されています。)そして、このデイヴのご母堂の兄の子が、先のコラムで触れた、Nigel Blowなのです。

John_Blow[1].png

ジョン・ブロー

このように、デイヴの音楽家としての血統には、2つの大きな潮流があることがわかります。1つは父系からGreenmanさんの「聴きとる」特殊能力であり、もう1つはJohn Blowの「オルガン演奏と作曲」の能力なのです。以上のようにデイヴの血統を探ってみると、彼の並外れた音楽能力にはきちんとした理由があるのだなと、納得しないわけにはいきません。
posted by Crescent Label Master at 05:27| コラム