2010年12月31日

1. Obama Barcarolle I

小浜の舟歌 I (Bフラット、変調)


1978年の後半、わたしはキャメルと6ヶ月に渡るツアーに乗り出しまし、1979年1月には、米国に向かう途中に日本に到達したのです。
自由行動の日に京都を訪れ、ある場所に深く感銘を受けたのです[注]。そこに滞在できたのはごく短い時間だったのですが、それにもかかわらず私はいつかこの場所へ戻ってくることを誓ったのでした。

ツアーのあと英国へ戻ってからも、日本の記憶は心のなかに新鮮に保たれてたまま、作曲を続けておりました。
その時期の楽曲の一つが、最終的に小浜の舟歌 I になったのです。その時には未完成でしたが、その曲は数年に渡って私の心のなかに燻っていたのです。

26年後、ついに日本への移住を果たしたあと、私は定期的に日本国内のあちこちを旅行して回りました。そのうちの一つが、2006年2月、日本海沿岸の街、小浜へのだったのです。
小浜の歴史と自然の美しさに大いなるインスピレーションを得た私は、京都に戻った直後に曲を完成させる強力な動機付けを得たのでした。

2010年 秋 デイヴ・シンクレア


[注]龍安寺の石庭
http://www.ryoanji.jp/
posted by Crescent Label Master at 21:07| ライナーノーツ翻訳