2010年12月31日

2. Canterbury

カンタベリー (F、変調)


この曲の最初のインスピレーションは、カンタベリーの街並みを見下ろせる、聖トーマスが丘の高みにある聖エドモンド学校からの早朝の風景から得たのでした。
カンタベリーの街は、当初深い霧の下に佇でいましたが、朝日の暖かさが霧を分散させていく様が、まるでもう一度カンタベリーの歴史が徐々に明らかにされていくよう見えたのです。

私がこの曲を作詞作曲したのは、新世紀のイベントとしてエフライム山で行われた、最初の「カンタベリー・フェスティバル」で、キャラヴァンとして演奏することが目的でした。
残念ながら、我々には限られたリハーサル時間しか与えられていなかったので、その時は準備ができなかったのです。

京都に転居したあと、私は古いファイルの中からこの曲のデモを見つけました。
懐かしさを感じながら、ピアノワークス用にこの曲を無言歌として録音することに決心したのです。

2010年 秋 デイヴ・シンクレア
posted by Crescent Label Master at 21:11| ライナーノーツ翻訳