2010年12月31日

8. As Twilight Fades

アズ・トワイライト・フェイズ(C)


丁度、昼が夜に移行するように、そして夜が結局は新しい次の日に向かって明けていくように、我々の人生は終のない螺旋の上を歩んでいる。
そして、『時間』は単に我々がすべての意味を理解しようとよく試みるときの「言葉」でしかありません。

我々の希望や夢はどうなるのでしょう、そして未来は我々に何をもたらすのでしょう?
そこには沢山の思考や沢山の疑問があります。まるで、たそがれが徐々に薄らいで次の日に継るように。

時間が許すとき、私は京都の自宅の裏の丘の上に座って、盆地の対面の山並みに沈む夕日を眺めています。

2010年 秋 デイヴ・シンクレア
posted by Crescent Label Master at 21:29| ライナーノーツ翻訳