2010年12月31日

10. Shine Its Light

シャイン・イッツ・ライト (Cマイナー)


この曲は、日本で毎年起こるゾッとするような数の自殺[注]について学んだあとに、京都で書かれました。

そんなにも多くの命が、特に若く前途有望な者たちが、無分別に、救助や援助を受けることなく投げるてられている事実は、恐ろしいことです。これは日本だけでなく、世界中で起きていることなのです。

私は、この曲の歌詞に関して長くて困難な状況で四苦八苦したのですが、今回は「無言歌」のままになっています。しかし、私は全体を通じて、希望のメッセージを
伝えようと意図しました。

2010年 秋 デイヴ・シンクレア


[注]毎年3万人以上
posted by Crescent Label Master at 21:36| ライナーノーツ翻訳

9. Rhythm Of The Forest

森のリズム (Cマイナー)


90年代前半、私は家族共にサフォーク州のエルブデンの森にあるホリデー・コンプレックスを訪れました。5日以上に渡り、何マイルも森を歩きまわりました。
そして、針葉樹の間をどんどん歩を進めていたとき、あるリズムが私の頭の中で頭をもたげ始めたのです。間もなくこれにメロディーが続きました。一旦家に帰り、私はすぐにピアノでコードとメロディーを創り出したのです。

数年後、2007年の夏に八ヶ岳(長野)のAadbegハイランド・スタジオに滞在して『ストリーム』アルバムの録音の一部を行っていたときに、森を歩いていていてこの曲のメロディーを想い出したのです。
この曲は、私が京都に戻ってピアノワークス・アルバムのために録音するまでは、いかなる形でも録音されたことはありません。

2010年 秋 デイヴ・シンクレア
posted by Crescent Label Master at 21:31| ライナーノーツ翻訳

8. As Twilight Fades

アズ・トワイライト・フェイズ(C)


丁度、昼が夜に移行するように、そして夜が結局は新しい次の日に向かって明けていくように、我々の人生は終のない螺旋の上を歩んでいる。
そして、『時間』は単に我々がすべての意味を理解しようとよく試みるときの「言葉」でしかありません。

我々の希望や夢はどうなるのでしょう、そして未来は我々に何をもたらすのでしょう?
そこには沢山の思考や沢山の疑問があります。まるで、たそがれが徐々に薄らいで次の日に継るように。

時間が許すとき、私は京都の自宅の裏の丘の上に座って、盆地の対面の山並みに沈む夕日を眺めています。

2010年 秋 デイヴ・シンクレア
posted by Crescent Label Master at 21:29| ライナーノーツ翻訳